勉強中の学生

​生徒のモチベーション&メンタル管理SaaSは

Connect Space

~より良い指導を目指して~​

一人一人に、最適な指導を

 

 塾の生徒に対して

こんな悩みをお持ちではありませんか?   

図1.png

​学生の精神状態や特性がわからない

​生徒一人一人に適切な指導ができていない

​指導が現場の感覚だよりで不安

 

    これらの課題を解決します!    

  Connect spaceの特長

​リアルタイムで

​フォロー

​月2~4回のアンケート配信により生徒のメンタルの最新状況を把握
​フォローアップすべき生徒を明確に

​アクションプランを提示

研究データに基づく独自の診断アルゴリズムで生徒の学習スタイルを分析・可視化
​生徒一人一人に合わせてアクションプランを作成
 

    機能詳細    

​  サービスのポイント

Point1

アンケート​
配信

週1回のConnectSpace独自のアンケート実施

​フォローすべき生徒を明確に

Point2

適切な
​サポートの提案
AI

AIによる信頼性の高い定量的な分析

​具体的なメンタリングや指導方法の提案

​  サービスの概要

機能1.学習スタイルの提示
​ConnectSpace独自のアンケートを実施

職務特性理論、計画的行動理論に基づく

診断により生徒の特性を把握

​膨大な研究データを基に専門家と共に作成したconnectspace独自アルゴリズムのAIを用いて分析

学習スタイルを表示

​生徒の学習スタイルを可視化

AIが生徒一人一人に最も適した指導方法を提案

機能2.継続的な心理状況の可視化
​簡単なアンケートを実施
アンケート.png

​5問程度のアンケートを

週に1回実施

​ LINE@で生徒に配信

​生徒の心理状況を可視化
UIデザイン2.png

AIを用いて生徒の状況の推移を​継続的に分析

​問題のある生徒を一目で把握可能

生徒の状態を3段階で評価

​アクションプランの更新

​既存のアクションプランを

生徒の心理状況に応じて変更

【オプション機能】
​学生メンターが対応
figure5.png

メンターによる面談内容は

塾、高校にフィードバック

​利用料について

月額料金:生徒一人当たり税込み1100円~
オプションは別途追加料金がかかります。
​詳しくはお問い合わせください。

​導入実績

image (2).png
image.png
image (1).png
 

    お客様の声    

CAP佐藤さん2.jpg

まずは、コネクトスペースに関わる人のスピード感や行動力がとても信頼できます。
その上でやはり、うれしいことは自分が感じている問題点をいわゆるデジタルを用いて、生徒の状況を可視化して、それに応じたデータをとてもシンプルにアクションプランまで提示してもらえるのは、とてもありがたいです。

CAP高等学院代表

佐藤裕幸 様

 

    運営メンバー紹介    

アレン(代表).png

​五百旗頭 アレン

​東京大学 経済学部

TNK17期、ソニー・東大の社会連携講座IGNTなどに所属。2020年度のKBCでYJcaital賞受賞。IVSスタッフリーダー、塾業界での1年半の勤務、家庭教師などを経て、現Connect space代表。

%E4%B8%AD%E5%B2%A1_edited.jpg

​中岡 亮太

​東京大学大学院 工学系研究科

ソニー・東大の社会連携講座IGNT所属。
夢に向かって進む学生を手助けしたいと思っています。

本橋.png

​本橋 悠人

​東京大学工学部

connect spaceではline@のAPI開発や塾業界全体の市場分析に携わっている。

所属する大学では、サイクリングサークルで代表を務める。

%25E6%259D%25A5%25E6%259D%2591_edited_ed

来村 颯樹

​東京大学 前期教養学部

「質実剛健」を目標に頑張っています。

方波見.jpg

方波見 亜祐

立命館総合心理学部

幼児・児童心理学を専門とするゼミに所属。心理学サークルを創立。立命館公式のRI-sAプロジェクトでオンラインコミュニティを創立、他の学問領域との心理学の親和性を探っている。

IMG_2282.jpeg

​神田 慶樹

慶應義塾大学 理工学部

ソニー・東大の社会連携講座IGNT所属。2020年度のKBC SEEDsでYJ capital賞を受賞。

​デザイナーとして、UIデザインを中心に心理モデルの作成など幅広く参画している。

IMG_2282.jpeg

​中井 亮佑

​大阪大学大学院 工学研究科

ソニー・東大の社会連携講座

IGNT所属。大学院で,人間中心設計手法を研究し、ニーズ論に見識がある。CDLE(AIエバンジェリストコミュニティ) 所属。

%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%97%E3%82%88_edi

​髙橋 芳規

​青山学院大学

​情報オリンピック本選出場。現在はConnectSpaceにサーバーサイドエンジニアとして携わり,サーバーサイドからフロントエンドに至るまで開発を行っている。

大谷.jpg

​大谷 天人

​千葉大学教育学部

​教育心理学専修

    アドバイザー    

瓜生原先生写真.jpg

​瓜生原 葉子 准教授

同志社大学商学部准教授、京都大学大学院医学研究科 非常勤講師。

日本学術会議連携会員、公益社団法人日本臓器移植ネットワーク理事・広報委員長、EURAM(欧州経営学会)理事&日本代表を兼務。

専門領域は、ソーシャルマーケティング、戦略マネジメント、組織行動論、移植医療の社会的価値の普及と社会基盤の確立。

ConnectSpaceが活用する職務特性理論、計画的行動理論に見識がある。

経歴、業績など詳細はこちら

 

    お問い合わせ    

メッセージが送信されました